隠岐 の いわがき(岩牡蠣)PRのホームページです

牡蠣の王様 隠岐のいわがき


隠岐のいわがきとは、冬場に最盛期を迎えるマガキとは別種で中には1kgを超えるものもいます。水深5m前後のきれいな海に棲み、今までは夏場に限られた量を素もぐりでとるだけでした。しかし、平成4年に全国で最も早く島根県の隠岐島で養殖に成功しました。


いわがきのおいしさの指標となるグリコーゲン量は3~7月に多くなり、この時期がいわゆる旬となります。 さらに、多くの栄養ドリンク剤にも含まれるタウリンや近年注目を浴びている亜鉛も多く含んでいます。 大きさ、食味ともにカキの王様として提供できるようになりました。

隠岐のいわがきは出荷状況の照会ができます

トレーサビリティーシステムに対応した“隠岐のいわがき”は出荷コードが添付されています。
(未対応のものには出荷コードは添付されていません。)

「出荷コード」の記載がある“隠岐のいわがき”はトレーサビリティーシステムに対応しています。入力フォームにラベルに記載された出荷コードを入力することで詳細な出荷状況を照会できます。 くわしくはこちらをご覧ください。
なお、出荷コードが記載されていない“隠岐のいわがき”については、まだトレーサビリティーシステムに対応しておりませんので、出荷状況等を確認したい場合はお手数ですが表示にある加工者又は下記の事務局までお問い合わせください。


 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒685-8601島根県隠岐郡隠岐の島町港町塩口24番地
隠岐のいわがきブランド化推進協議会事務局(島根県隠岐支庁水産局水産グループ内)
08512ー2-9668 08512-2-9674